ロゴ

横浜で出会った家出女子は壮絶な過去の持主でした

家出女子


横浜で仕事を終えたときです。

いつものサイトを使って神待ち女子とアポ取りしました。

待ち合わせのピザハウスに出向くと、彼女もやっぱり家出中の女子でした。

年齢は21才。

まだ若いのに、彼女の抱えた事情は複雑でした。

彼女は、同棲相手だった暴力団組員から逃走している真っ最中でした。

相手が相手なだけに一か所に留まるのは危険と考え、出会い系を駆使し大阪から本州を北上しながら、もうひと月近くも逃亡をつづけているんだそうです。

ってことはこの女子は、暴力団組員の情婦なわけですよね?

でも、みたところ彼女にそんな雰囲気はまったくありません。

どちらかというと世間知らずの女子大生といった印象です。

「なんでまたヤクザなんかと知り合ったの?」

「騙されたんです。それで売春クラブで客をとらされていたんです」

うーん。今どきのヤクザって、まだ人身売買みたいなことをやっているんでしょうか。

「でも、こんなことになったのも、そもそも私が育った家庭に問題があったのかもしれません」


家出女子の写真


彼女の生い立ちは、さらに悲惨でした。

7才で父親と死別した彼女は、13才の時、母親の再婚相手である義父からずっと性的虐待を受けていたんだそうです。そのときの性的トラウマのせいで彼女は、15才にして「病的なセックス依存症」に陥り、援交を繰りかえすようになって、しまいには地元の半グレ集団から輪姦され、その後、ヤクザに売られてシャブ漬けにされ、客を取らされるようになったんですって。

ちょ、ちょ、ちょちょっと待ってください!

もしその話が本当なら、彼女は僕ごときがエッチできるような相手ではありません。もし、こんな女子と気楽にエッチして、後でヤクザに恐喝でもされたら僕の生活は破滅します。

僕はだんだん怖くなってきて、早めにこの店を退散しようと思いました。

ところが彼女のほうは、もう僕と同宿することを決めているようで、店をでてもぴったり僕についてきます。

仕方がないので、僕は尾行がついていないかを確認して、すばやく付近のラブホに入りました。


セフレの画像


しかし、いざホテルに入ってしまうと、まずいとは思いつつ、やはりチンコは熱くなってしまいます。

それに彼女のほうも妙に積極的で、頼みもしないのにフェラをしてきて、チンコを硬くさせます。

当然ですが、僕は彼女の誘惑に耐え切れませんでした。てか、いったん裸になったら夢中でズコズコとマンコに入れちゃいました。

そのうち僕は彼女の話が、どうも腑に落ちないことに気づきました。

彼女はシャブ漬けにされたとかいってましたが、身体のどこにも注射のあとなどありません。

もしかしたら彼女は自分があまりにオマンコ好きなので、それに見合った「作り話」をしていただけなのかもしれません。

まあ、気持ちよかったら、どっちでもいいんですけど(笑)。



神待ちが多いサイト一覧



※LINEのID交換をサイト内ですれば、お金がかからずリーズナブルにアポが取れますよ。

>> 管理人の神待ちをハメ撮りした体験記はコチラ



最近の関連記事

Copyright © 神待ちROOM All Rights Reserved.